登はん場 (クライミング)

施設概要

人工壁(クライミングホール)は、自然の岩盤を模倣したFRPボード(ガラス繊維にエポキシ樹脂を浸透させ、それを何枚も重ねて板にしたもので加工性・強度・重量が優れているため、クライミングボードとして一般的に用いられる)を使用しており、競技用の3次元FRPボードと練習用の平面FRPボードの2面で、初心者からジャパンカップや国民体育大会で活躍する上級者まで幅広く、ニーズにあった愛好者にご利用いただいています。

施設詳細


名称 紀三井寺公園 登はん競技場
ボード 【練習用ボード】 高さ:約11.8m/幅:4.0m
【競技用ボード】 高さ:約12.0m/幅:4.0m

登はん場断面図

登はん(クライミング)断面図

 

ご利用の際は登はん競技技術講習会の受講済証もしくはライセンス証を所持している方で2人以上のグループで使用してください。ライセンス証の取得を希望する方は、和歌山県山岳連盟が主催するライセンス試験を受講してください。

※登はんされる方全員を対象に誓約書記入をお願いしています。管理事務所に書類がありますので手続きをお願いします。

未成年者の方は保護者もしくは保護者から登はんについて委託された成人の方の同伴が必要です。

 


<和歌山県山岳連盟発行ライセンス証取得手順>


▼すでにどこかの登はん場でライセンスをお持ちの方、もしくは、クライミング熟練者で自力で登れる方。

定期的にクライミング試験を実施しております。紀三井寺公園管理事務所に来場もしくはメールで申し込んでください。

試験日程は3月、6月、9月、12月の最終日曜日13時(雨天中止)からです。試験代は2,000円程度です。

受験者が無い場合は行っていませんので、事前申し込みが必要です。1週間前まで受け付けています。

ライセンス発行は和歌山県山岳連盟が行っています。(発行代行 紀三井寺公園管理事務所)

 

▼初心者の方で自力で登れない方

初心者講習会の講師がクライミング練習会を不定期に実施いたします。初心者講習会の講師に相談してください。講師の推薦を得てクライミング試験を受験してください。

【発行代行:紀三井寺公園管理事務所】

※このライセンスは紀三井寺公園登はん場専用です。

 

初心者講習会(月1回)については、管理事務所にお問い合わせください。

*平成29年4月より、主催、壁ん原人(ペキンゲンジン)後援、紀三井寺公園管理事務所で毎月最終日曜日に体験会(雨天時中止)を行っています。申込は紀三井寺公園管理事務所まで。

 初心者講習会(クライミングウォール体験会)

 初心者講習会は毎月最終日曜日に行っております。未成年の方は、スポーツ安全保険(主催のペキンゲンジンスポーツクラブ所属として)に加入していただきます。成人は任意加入ですが、入っていただくことをお勧めします)一週間前までに申し込んでください。毎年4月以降に一度掛けられれば、翌年の三月末まで有効です。高校生以上1,850円、中学生以下800円で次の3月末まで有効です)初心者講習会(クライミングウォール体験会)は1回500円で、ライセンスのない方でも講師の指導を受けて登ることができます。ライセンスのない方は、この講習会で講師の方の指導を受けて上達されたらライセンス試験を受けてください。講師の方と知り合いになれば、講習会以外でも時間を合わせて壁を登ることもできます。

 ライセンス試験について(紀三井寺登はん壁占用)

 基本的にライセンスは成人対象ですが、和歌山県山岳連盟が技術的にライセンスの資格ありと認定した方には未成年でもAライセンス、Bライセンスを発行しています。Bライセンスの方は、他の方の補助はできません。ライセンス試験を受けたい方は、初心者講習会講師もしくは紀三井寺公園管理事務所に申し出てください。

紀三井寺公園・相撲競技場は、平成23年11月より指定管理者として、「紀の国はまゆう」が管理しております。